COMPANY会社情報

高齢者向け介護施設ならお問い合わせください

高齢者向けの介護施設なら有限会社シルバーライフがおすすめです

有限会社シルバーライフ (1)

高齢者向けの介護施設をお探しでしたら、これまでにも多くの方にご利用いただいている有限会社シルバーライフまでご連絡ください。アットホームな雰囲気と親しみやすい対応で安心してご利用いただける有限会社シルバーライフは、ご利用者様一人ひとりのその方の状態にあわせた生活を尊重した丁寧な対応を心掛け、多くの方からご満足の声が寄せられております。バリアフリーで安全に利用できる有限会社シルバーライフは、完全個室ですので、自分だけのプライベート空間も確保していただけます。
有限会社シルバーライフは、地域に密着して営業を行っており、信頼できる施設として地元にお住まいの方々らかもご好評いただいております。有限会社シルバーライフでは、安心価格で利用者様にご満足いただける上質なサービスを提供いたしております。有限会社シルバーライフでは、求人募集も行っております。有限会社シルバーライフはスタッフ同士の仲が良く、和気あいあいとした中で働いており、すぐに現場に慣れて働くことのできる職場です。興味がありましたらお問い合わせください。

高齢者向けの介護をお考えでしたら気軽にご相談ください

概要

会社名

有限会社シルバーライフ

住所

群馬県邑楽郡板倉町大字板倉字槐戸2966-33

電話番号0276-91-44700276-91-4470
お問い合わせ
受付時間

9:00~17:30

事業所番号

アクセス

高齢者向けの介護をお考えでしたら、有限会社シルバーライフまでご相談ください。有限会社シルバーライフでは、利用者様一人ひとりに寄り添って幅広くサポートを行い、多くの方からも厚い信頼をいただいております。高齢者の介護を行っている有限会社シルバーライフは、バリアフリーの安全な施設で、安心してお過ごしいただけますので、ぜひご利用ください。

高齢者の介護施設をお探しでしたらぜひお問い合わせください

有限会社シルバーライフ (4)

有限会社シルバーライフは安心価格でご利用できます

高齢者の介護サービスを行っている有限会社シルバーライフは、ご利用者様のその方の状態にあわせた生活を尊重した老人ホームをはじめ、家庭的な雰囲気を大切にするグループホーム、通い・訪問・お泊まりと適性を見極めて行う小規模多機能型居宅の事業所を運営しておりますので、ご興味のある方はお問い合わせください。どの施設も温かみがあり家族のように絆を深められるアットホームな施設のため、ご利用いただくにあたり、自宅から出て家族と離れるのは不安な方もすぐに馴染める環境でございます。
また有料老人ホームに至っては、自宅で使用していたお気に入りの家具を持ち込めますので、安心してお越しになっていただけます。高齢者の介護サービスを行う有限会社シルバーライフは、人と人の心の触れ合いを何より大事にして活動しており、どんな些細な事も気兼ねなく相談できる雰囲気でございます。そうすることでスタッフとご利用者様の心の距離が近づくだけではなく、信頼関係が生まれてくるため、人間関係をとても大切にしております。高齢者の介護施設を運営する有限会社シルバーライフは、人と接することが大好きなスタッフを積極的に採用しておりますのでご連絡ください。

有限会社シルバーライフ (2)

高齢者向けの介護サービスをお探しでしたら、安心価格でご利用いただける有限会社シルバーライフまで、気軽にお問い合わせください。有限会社シルバーライフでは、皆様に安心してご利用いただけるように、アットホームな雰囲気作りと温かみのある対応を心掛け、信頼できる施設として、地元にお住まいの方々らかも親しまれております。地域に密着して営業を行っている有限会社シルバーライフでは、利用者様一人ひとりのその方の状態にあわせた生活に合わせて、幅広いサポートを行っております。有限会社シルバーライフは、バリアフリーの空間で安全にお過ごしいただける環境があり、多くの方からご好評いただいております。
高齢者向けの介護サービスを行っている有限会社シルバーライフは、施設内に完全個室ですので、自分だけの空間で安心してお過ごしいただけます。有限会社シルバーライフでは、経験豊富で確かな知識のあるスタッフが利用者様一人ひとりのお悩みに寄り添って、柔軟に対応し利用された方からもご満足の声が寄せられております。また、有限会社シルバーライフでは一緒に働く仲間を募集しております。スタッフ同士の仲が良く、すぐに馴染むことのできる職場ですので、興味がありましたらまずはご連絡ください。

介護職員等特定処遇改善加算の取り組み内容について

介護職員の処遇改善につきましては、平成29年度の臨時改定における介護職員処遇改善加算の拡充を含め、これまで数次にわたる取り組みが行われてきましたが、新しい経済政策パッケージ(平成29年12月8日閣議決定)において「介護人材確保のための取り組みをより一層進めるため、経験、技能のある職員に重点化を図りながら、介護職員の更なる処遇改善を進める。」とされ、令和元年10月の消費税引き上げに伴う介護報酬改定に置いて対応することとされました。
これを受けて、令和元年度の介護報酬改定において「介護職員等特定処遇改善加算」が創設されました。
当該加算を算定するためには、下記要件を満たしている必要があります。

【介護職員等特定処遇改善加算の算定要件】

*現行の処遇改善加算Ⅰ~Ⅲを算定していること

*職場環境要件について、「資質の向上」「労働環境・処遇の改善」「その他」の区分で、それぞれ1つ以上取り組んでいること

*賃上げ以外の処遇改善の取り組みの見える化を行っていること

「見える化要件」とは

介護職員等特定処遇改善加算を取得するためには、上記の必要要件がありますが、その中で「見える化」に向けた取り組みについて、介護職員等特定処遇改善加算の算定状況や、賃金以外の処遇改善に関する具体的な取り組み内容を想定しており、介護サービスの情報公開制度の対象となっていない場合、事業者のホームページを活用する等、外部から見える形で公表することも可能であることが明確にされています。

 

職場環境要件について
見える化要件に基づき、特定加算の取得状況を報告し、賃金以外の処遇改善に関する具体的な取り組み内容を下記に掲示致します。

◎資質の向上

*働きながら介護福祉士取得を目指す者に対する実務者研修受講支援や、より専門性の高い介護技術を取得しようとする者に対する喀痰吸引、認知症ケア、サービス提供責任者、中堅社員に対するマネジメント研修の受講支援(研修受講時の他の介護職員の負担を軽減するための代替職員確保を含む)

◎労働環境・処遇の改善

*介護職員の腰痛対策を含む負担軽減のための介護ロボットやリフト等の介護機器等導入
*子育てとの両立を目指す者のための育児休業制度充実
*ミーティング等による職場内のコミュニケーションの円滑化による個々の介護職員の気づきを踏まえた勤務環境やケア内容改善
*健康診断  

◎その他

*障害を有する者でも働きやすい職場環境構築や勤務シフトの配慮

*地域の児童・生徒や住民との交流による地域包括ケアの一員としてのモチベーション向上 

*非正規雇用から正規職員へ転換 

*職員増員による業務負担の軽減